あいたろうのツキとスッポン
「父から見た娘の観察日記」をメインに不定期更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞(春)’06(展望)
天皇賞(春)

 スローの瞬発力勝負か、スタミナ勝負のサバイバルレースとなるのかで馬券対象馬が全く異なるこのレース。

 今回17頭立てという多頭数であるため、最後方からの直線一気は少し考えにくい気がします。
 早く仕掛けて粘りこもうともくろむ陣営も多数存在し、楽逃げも考えにくいところです。

 まだ開幕2週目の京都の芝は内外の差はなく、やはりロス無く内を通った馬が圧倒的に有利なのは動かしようのない事実。

 あの大本命馬は置いておいて、穴馬はいないか私なりに探しました。しかし、単勝1倍台のあの馬以降の人気順が全く予想できず、現時点では有力候補だけ挙げてみたいと思います。

 馬券予定

◎ディープインパクト→△2頭→×残り何頭(3連単FM)
◎-△2頭-×残りほとんど(3連複FM)
◎→△2頭(馬単流し)
◎-△2頭(ワイド流し)

①ストラタジェム
 前走-14kg(最終追い軽め)と小型馬ゆえの斤量58kgが気になるが、それ以外は穴馬の資格十分。あとはボス騎手の手腕次第か。

②マッキーマックス
 これは穴馬ではなく本命サイドかも。長距離に強いダンスインザダーク産駒で、しかも近走の充実振りは人気しても仕方ない。作戦なのかもしれないが、自爆気味の早仕掛けによる凡走がたまにあるのでそこが心配。

③チャクラ(消し)

④ローゼンクロイツ
 皐月賞やダービーの凡走がどうも気になるが、京都実績は強調材料。坂が苦手という仮定が正しいならば、ここで好走する可能性は極めて高いといえる。ただこの馬も本命サイド。

⑤トウカイトリック
 スタミナがあることは最近の走りを見て把握できた。大逃げをうつなら流石に各馬も絡んではこないはず。そうなれば馬券圏内の可能性大。ただし、差のない逃げなら早仕掛けの餌食になりそう。穴人気しそうな1頭。

⑥トウカイカムカム(消し)

⑧ビッグゴールド(消し)

⑨デルタブルース
 上位人気間違いなしの人気馬。個人的に今回購買意欲が湧いてこないのだが・・・(消すときそうだし、買うとこない気もするし)

⑩アドマイヤモナーク(消し)

⑪リンカーン
 上位人気間違いなし。横山典Jがどの位置取りで競馬をするかが最大のカギ。後方待機から大外に持ち出す競馬でないことを祈るばかり。

⑫ハイフレンドトライ
 実績だけみるともう一押し足りない感じ。ただリアルシャダイ産駒であることを考えると波乱の立て役者になる資格はあるかも。

⑬ファストタテヤマ
 どこで激走するか分からないよく分からない馬。一応wダンスインザダーク産駒なので、無視するのは怖いかも。

⑭アイポッパー
 久々だった前走は度外視。長距離でも何故か走るサッカーボーイ産駒なので調子さえ戻っていれば馬券絡みは可能性大。京都実績もこのメンバーでも上位。昨年の出来にあるかどうかがカギ。人気が読めない馬の1頭。

⑮シルクフェイマス
 基本的にはスタミナを武器にした中距離馬という印象。前残りの競馬になれば要注意の1頭。昨年の天皇賞(春)のように暴走しなければ大崩れはなさそう。

⑯ナリタセンチュリー
 重賞実績は十分。問題は1年2ヶ月ぶりの実戦だということと、底力勝負になったときのスタミナ。人気するなら買いたくない馬。

⑰ブルートルネード
 菊花賞当時の能力なら即消しの馬。京都記念の最下位凡走は太め残りが原因か。大外枠は気になるが、相性のいい池添Jとのコンビで気分良く走れれば粘って上位も夢物語ではないかも。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。