あいたろうのツキとスッポン
「父から見た娘の観察日記」をメインに不定期更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父、自己嫌悪する・・・
 夜中に高熱を出し、年中になって初めて幼稚園を欠席した娘。

 しかし、午前中のうちに熱も下がり、娘は元気回復。母母が午後から応援に駆けつけてくれて大興奮。疲れ果てた母母は5時頃帰宅。(ありがとうございました)

 父が仕事から帰るまで退屈していた娘。父が帰ると、娘は雑炊を食べていた。退屈と眠気とで、すでにくだを巻いていた娘。父と遊んでいてもノリが悪い。
 そうこうしているうちに、ワンちゃんに餌をやっているお隣の一つ上の男の子の声が聞こえてきた。最近、夕方遅くにこの男の子とシャボン玉遊びすることにハマっている娘は・・・
 「外に行きたい~!シャボン玉したい~!」と言い出した。
 父と母が、
「風邪引いて休んでいた子が、夜寒いのに遊ぶとまた熱が出るからダメ!」と言うと、娘はひっくり返って手足をジタバタさせながら泣き叫び大暴れ。

 父と母の穏やかな説得工作は効果なく、
母「今日我慢できたら、明日花火しようね。」の一言をきっかけに・・・

娘「今日がいい!花火、今日したい~!」と新たな駄々をこね始める。

 あまりにも長く「花火、花火~」と泣き叫ぶ娘に、父は、
「お父さんは、怒っと~とよ!」と軽く尻を一回ぱしん!

 叩かれたことすら気付かず、ソファーに座った母の膝の上で「花火したい~!」と暴れ続ける娘。

 少しびっくりさせて話を聞く態勢にしようと父が少し大きな声で、
「花火は明日!今日は熱が出たらいけんけ、ダメっていってるでしょ!」と怒って見せた。しかし・・・全く無視して娘は「花火したい~!」の一点張り。

 しばらく父・母連合軍と娘の押し問答が続いたが、娘は泣き叫び攻撃で強行突破を敢行。見かねた父は娘の尻を、ぺしぺしと2回叩いて、
「お父さんは本当に怒っと~とよ!」と睨みつける。
 しかし、娘は父を完全無視して、母に「花火!外行きたい!」と直接交渉。そして再び泣き叫び攻撃を開始・・・

 父はどうしようかと悩んだ挙句に、ついに苦渋の決断。娘の名前を叫んでから、「今日はダメっていってるやろ!お父さん、怒ってるって言ってるやろ!」と怒ってから娘の尻をバシン!

 さすがに力を入れて叩いたので娘は、
「いた~い・・・おしり、痛い~」と泣き始めた。母にフォローを任せて父はいったん退席したが、生まれて初めて父に叩かれた娘は、驚いたのと痛いのとで少しパニック状態に。

 パンツを下げて母とお尻を確認したのか、
「お尻が赤い~。痛いよ~。お父さんが叩いた~。お父さん、もう嫌い~」と泣き始める娘。これでは収拾がつかないので、再び父は自らの心にムチ打って娘の前に・・・

「痛いように叩いたと!お父さんがダメって言ったらダメなの!お父さんが本気で怒ったら怖いって何回も言ったでしょ!熱が出たら、外に出たらダメ!まだ分からんの?!」と怒って、ソファーに座った娘のすぐ横をバシンと叩いて再び退場。
 少しやり過ぎではという目をした母に気付いていたけど、父はどう怒っていいか分かりませんでした。

 冷静な気持ちのまま、泣き叫ぶ娘にダメなものはダメということを教えるために、初めて手をあげてしまった父。本当にこれで良かったのか、母が娘をなだめている間中、手を見つめながら悩んでいた父。

 何とか母が娘を説得して、着替え・歯磨きを済ませ、トイレをしにきた娘。そこで父に出会った娘は、父の前で直立不動のまま硬直。謝ろうとしている娘が謝る前に、父は娘をやさしく抱きしめて「ごめんね」。娘も小さな声で「ごめんなさい・・・」

 おしっこしている娘のお尻を見ると、叩いたところがミミズ腫れになっていました。

「娘、本当にごめんね。」

 お父さんは今も手のひらをみると心が痛いです・・・
スポンサーサイト

テーマ:パパの気持ち - ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
父親と娘が初めて本気になった夜、父親はやっと本当の父親に、、娘は父親に怒られお尻を叩かれて痛さの意味がやがて判る様になり、人に対しても酷い事はしなくなるでしょう。
 中国の地でほほえましく読んでいます。
2006/06/16(金) 09:03:03 | URL | #-[ 編集]
こんばんは。
こんばんは。

私も丁度、娘さんと同じときに初めて父に怒鳴られました(たたかれたかどうかは覚えてないんですけど)

普段、あまり怒らない人なのでホントにびっくりしてしばらく放心状態になったのを覚えています。

しかし、父に怒られた次の日には「あ、ホントに悪いことをしたんだなぁ」と思いましたねぇ。

きっと、あまり怒らない父のほうが母よりも反省できるのかもしれませんね(^^)

将来、このことが良い想い出になるのではないでしょうか? 現に私がこの記事をみてそう思いました。
2006/06/16(金) 23:47:27 | URL | 菊猫 #ZCDfyN4k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。