あいたろうのツキとスッポン
「父から見た娘の観察日記」をメインに不定期更新しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローン減税のある方は要注意
 以下の記事は、住宅ローン減税を受けている方にだけ関係のあるニュースです。

 国から地方へ税源移譲が行われ、所得税が減る代わりに住民税が増えます。公報によると住民税が増える分、所得税が減るようにしているので昨年と比較しても損得はないとのこと(ただし定率減税など昨年と条件の異なる分は除く)
 しかし、住宅ローン減税効果で所得税をほとんど払っていない世帯はどうなるのでしょうか。

 例えば、年間に15万円の所得税を払わなければならないAさんが20万円の住宅取得等控除を受け、昨年は全額年末調整時に返ってきたとします。Aさんはその年住民税を5万円払っていました。
 それが今年Aさんは10万円の所得税を払うだけで良くなった代わりに住民税が10万円に増えました。もちろん住宅ローン減税で所得税分の10万円は年末に返ってくるのですが、住民税を10万円支払わなくてはなりません。
 つまり、昨年は所得税0円+住民税5万円の計5万円の税を納めていたAさんは、今年から所得税0円+住民税10万円の計10万円を支払わなくてはならなくなるのです。

 これはおかしいということで調べてみると・・・

 やはり救済措置がありました。

 ただし!

 自己申告が必要との事。申告方法も各自治体より後日連絡するという状態。知らない人は知らないまま余分に税金を取られてしまう羽目になるようです。

 怖い、怖い
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。